もはや薄毛治療には必要不可欠になったプロぺシア。

今日はそんなプロペシアについて記事を書いていこうと思います。

 

プロペシアの入手方法についてですが、

アナタはどうやってプロペシアを入手していますか??

 

大きく分けて3パターンの入手方法があるのではないでしょうか??

一つ目は医師に処方してもらう。二つ目は海外の個人輸入サイトを通して入手する。

3つ目はこれは中々ないとは思いますが、誰かにもらう。

もしくは売ってもらう。

 

もちろん。正規ルートである医師に処方してもらうというのが、

正しい入手方法ではあるわけですが薄毛治療は保険適応外なのでコストがかかります。

 

コストを懸念して安価に入手出来る海外輸入サイトを利用している方も多いことでしょう。

 

確かに安い方が良いのはそうなんですが、これってリスクもあるんですね。

知らなかったでは取返しのつかないこともあるので、

今日はそのリスクについてしっかりとアナタにお伝えさせて頂きます。

 

研究員:頂点 臼男(てっぺんうすお)
プロペシアの海外輸入ってそんなに危ないんか!?

 

研究員:笑夢字 笑夢男(えむじえむお)
確かにコストはかかりますが、なるべく正規ルートで購入した方が良いという話はよく耳にしますね。

 

日本ではプロペシアは医師の処方を受けないと入手出来ない理由

 

 

副作用のリスクがあるからです。

 

プロペシアの副作用と言えば基本的には、

男性器絡みの性欲減退や勃起不全などですが、

一番懸念されるのは肝機能に関する部分です。

 

プロペシアなどを始めとするこの手の育毛剤は肝臓で代謝されるので、肝臓に負担をかけます。

なので肝機能に障害がある方などが使用した場合、重篤な副作用を発症する恐れがあるのです。

 

そうならない為に医師による処方が国内では絶対条件なのです。

 

プロペシアを処方された方なら分かるかもしれませんが、

医師による問診や使用方法に関する説明は絶対にあります。

最近ではリスクをより少なくする為に血液検査で肝機能を調べるクリニックも多いです。

 

肝機能に障害のある方が服用するとそれだけリスクのある薬なんです。

 

教授:ボールドヘッド
内服薬なので念には念をじゃ・・・血液検査まで出来れば最高じゃな。

 

肝機能障害とかって自分でも分かるんじゃないの??

 

 

確かにそうかもしれませんが、

病なんかどこに隠れているか分かりません。

 

「自分はめちゃめちゃ元気!!」って人が実は癌に侵されているように時代です。

念には念を入れることが大切なんです。

 

肝機能については健康診断などでも数値を確認出来ますが、

どれくらいの数値が適正なのか分からないですよね。

 

しかもちょっと悪いくらいだったら放置する人が殆どです。

 

研究員:笑夢字 笑夢男(えむじえむお)
気づいたら悪くなってたみたいな話もよく聞くので油断は出来ないですね。

 

医師による薬の説明がかなり重要

 

 

処方される時は必ず医師による説明があるはずです。

これかなり重要なんです。

 

あなたは家電とか何か新しい物を購入した時に説明書を読みますか??

 

これ殆どの方がNOなんじゃないですかね??

 

私も問答無用でNOです。

 

プロペシアはお酒と一緒に飲んだらダメなんです。

理由は肝臓に大きな負担がかかるからです。

これは医師に説明を受けるまで全く知りませんでした。

 

研究員:頂点 臼男(てっぺんうすお)
酒と一緒アカンのやな・・・

 

私結構大酒飲みなので、これ知らなかったらエラいことになっていたと思います。

 

こういう部分でも正規ルートから入手していて良かったと思いましたね。

 

オオサカ堂からの購入なら安全?

 

 

確かに海外からプロペシアを輸入して購入するならオオサカ堂を利用するのが最も安全です。

 

なぜならオオサカ堂のプロペシアには鑑定書がついているからです。

 

「STC」と呼ばれる専門の調査機関から成分鑑定を受けております。

海外製品に関しては偽物が蔓延しているとよく言われていますが、

オオサカ堂からプロペシアを購入する場合、その可能性は極めて低いでしょう。

 

とはいえオオサカ堂からプロペシアを購入することが100%安全という分けではありません。

リスクもあります。

 

育毛製品研究家:白鳥マキ
成分鑑定されてるからと言って油断は禁物よ!! あらゆるリスクにしっかり目を向けるのよ!!

 

オオサカ堂でプロペシアを購入する際に考えられるリスク

 

 

私が考えるに大きく2つあります。

海外から育毛剤などこの手の商品を輸入する際は3つあるのですが、

その中の一つである「偽物を掴まされるリスク」はオオサカ堂では極めて低いので、

残りの2つのリスクについて解説致します。

 

「専門医からの説明を受けることがない」というリスク

 

 

まず一つ目は「専門医からの説明を受けることがない」という点。

 

プロペシアは正規ルートで購入する際は必ず医師の処方の元という条件があるので、

しっかりとした説明を受けた上で購入することになります。

ですが海外輸入で購入した場合、正確な説明をうけることがありません。

外国語の説明書はついているかもしれませんが、そんなの読まない方が殆どですよね。

なので、間違った方法で服用してしまう可能性が高くなるんですね。

 

プロペシアは基本的には毎日決まった時間に決まった分量を服用することで効果を維持します。

あと絶対やってはいけない服用方法として「お酒と一緒に飲む。」などがあります。

あと女性が誤って飲んだり触れたりするだけでも、

その女性が妊娠していた場合お腹の胎児に悪影響があると言われています。

 

この辺のリスクがしっかり理解できないまま服用するのはかなり危険なんです。

 

育毛製品研究家:白鳥マキ
正しい方法で服用しないとリスクが増すだけでなく効果も半減してしまうの。 だから服用前にしっかり使用方法を理解することが大切なの。

 

副作用が現れた際のリスク

 

 

海外製品を使用して重篤な副作用が現れた場合、

「医薬品副作用救済制度」における援助を受けることが出来ません。

 

国内の医薬品であればこの制度の適用内なので金銭的な援助を受けることが出来ますが、

海外製品の場合はこれを受けることが出来ませんので全て自己負担になります。

 

プロペシアで重篤な副作用が現れるケースは極めて稀ですが、

海外製品を使用している場合こうなってしまうとかなり悲惨な状態になります。

 

研究員:頂点 臼男(てっぺんうすお)
健康被害被って更に治療費も全額自己負担・・・ 地獄ですね。。。

 

なのでプロペシアのような内服するタイプに関しては、

体内から成分を取り入れる分このような副作用のリスクも考えないといけません。

内服タイプの育毛剤等の個人輸入ははっきり言ってオオサカ堂であってもオススメはしていません。

 

外用薬であれば頭皮が荒れる程度の副作用なのでリスクは小さいですが、

内服薬はそういうわけにはいきません。

まとめ

 

 

それでは今日のまとめに入っていきます。

今日は「プロペシアをオオサカ堂から個人輸入する際のリスク」についてまとめさせて頂きました。

プロペシアは日本では基本的には医師の処方箋がないと入手できない育毛剤。

偽物が蔓延していると言われる海外から輸入するとなるとリスクがつきまとうというお話でした。

しかし、オオサカ堂のプロペシアであれば成分鑑定がされているので、

そこのリスクに関してはクリアされます。

 

ですが、使用方法についての正しい説明が受けられない点や、

副作用が現れた際に国からの救済支援が受けられない点など少なからずリスクは残ります。

 

結論としては少しコストはかかりますが、

正規ルートで医師からの処方を受けた上で国内で入手するのが最も安全かつ効果的だと言えます。