今日は「男性ホルモン強め男子はやはりハゲやすいのか?」

という話題に切り込んでいこうと思います。

 

タイトルには筋骨隆々と書きましたが・・・

筋骨隆々だけが男性ホルモンの象徴ではなかったですね(汗)

 

考えてみるとこの手の話題には色々な噂?迷信?があるように思います。

「エロい男はハゲやすい。」

「体毛の濃い男はハゲやすい。」

「マッチョの人はハゲが多い。」

なんかこんな話時折耳にします。

 

研究員:頂点 臼男(てっぺんうすお)
エロくて毛深くてマッチョって完全にわしのことやないか(汗)

 

研究員:笑夢字 笑夢男(えむじえむお)
極め付けにしっかりハゲてますしね!

 

男性ホルモンが濃いと本当にハゲやすいんでしょうか??

 

エロくて体毛濃いめでマッチョな人は将来の自分の姿がさぞ心配でしょう。

今日は少しでもスッキリしてもらえるように、

調査結果をしっかりと記事にしていきますので、是非最後までお付き合い下さいませ。

 

本当に男性ホルモンが薄毛の原因になるのか!?

 

 

答えはイエスです。

 

でもエロくてマッチョで体毛濃い人でもハゲない人はハゲないですよね!?

もう一つ疑問なのは女性でも薄毛の人はいますけど、それはどう説明するんでしょうか!?

 

育毛製品研究家:白鳥マキ
確かに最近では薄毛で悩む女性も増えつつあるわね(汗)

 

それでは自分で投げかけて自分で答えていきます(笑)

 

男性ホルモンが濃い人でもハゲない人はハゲないという疑問についてですが、

男性ホルモンに関してはジヒドロテストステロンと呼ばれる悪性の男性ホルモンが薄毛の原因になります。

 

このジヒドロテストステロンによってヘアサイクルが乱れ薄毛に陥る症状が男性型脱毛症(AGA)と呼ばれるものです。

なので男性ホルモンが濃い人でも悪性の男性ホルモンの量が少なければ薄毛になる可能性は低いのです。

 

次に女性でも薄毛の人はいますけど?という疑問についてです。

 

実は女性の体内にも男性ホルモンは存在します。

同じように男性の体内にも女性ホルモンは存在します。

なので女性でも悪性の男性ホルモンが多い方は薄毛になりやすいのです。

最近では女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれる症状も増えてきているので、

今の時代薄毛は女性の問題にもなりつつあるのです。

 

育毛製品研究家:白鳥マキ
女性の薄毛に関しては副作用の影響などで使える治療薬の範囲も限られてくるので中々改善が難しいのが現状よ。

 

ジヒドロテストステロンって何!?

 

 

なんか怪獣みたいな名前ですけど、一体何なんでしょう。

さっきは悪性の男性ホルモンというふうに表現しましたが、

ジヒドロテストステロンは男性型脱毛症(AGA)の原因物質です。

 

教授:ボールドヘッド
こいつがホンマに厄介なんじゃ・・・

 

テストステロンという男性ホルモンに5αリダクターゼという体内で生成される酵素が

合わさってこのジヒドロテストステロンが生成されます。

 

ジヒドロテストステロンはなぜ薄毛を進行させるのか!?

 

 

ジヒドロテストステロンは髪の毛の元となる細胞(毛母細胞)の働きを低下させてしまうのです。

その影響でヘアサイクルが乱れてしまいます。

 

髪の毛には成長期(4~6年)→退行期(2~3週間)→休止期(数カ月)という3つのサイクルがあります。

ジヒドロテストステロンによりヘアサイクルが乱れてくると、

通常4~6年ある成長期がどんどん短くなり、休止期の髪の毛が増えてきます。

休止期の髪の毛というのは、あとは抜けるだけの髪の毛なので、

これが抜けることで抜け毛が増えたと感じるのです。

 

そしてこの抜け毛を放置しているとどんどん薄毛が進行してしまうことになります。

 

教授:ボールドヘッド
この手の男性型脱毛症は年齢関係なくいつやってくるか分からん。兆候が現れた時点で早めに治療を始めることが大切じゃ!!

 

歳をおうごとにジヒドロテストステロンの生成は増えていく!?

 

 

年齢を重ねれば重ねる程、薄毛の方の割合って増えてきますよね。

 

下記は年代別の薄毛の方の割合です。※あくまでも目安。

 

20代:全体の10%

30代:全体の20%

40代:全体の30%

50代:全体の40%

 

このように薄毛の方の割合は年齢を重ねるごとに増えていきます。

年齢を重ねることでテストステロンと呼ばれる男性ホルモンは減少し、

身体的特徴や体力・精力・精神力などは衰えてきます。

 

そして体内でテストステロンが減少してくると、

それを補う為に5αリダクターゼとの結合が更に進んでしまうのです。

 

ということは・・・

 

ジヒドロテストステロンの生成が加速するということですね。

男性的には衰えるのに男性型脱毛症は勢い付いてしまうんです。

なので年齢を重ねるごとに薄毛の男性が増えていくわけですね。

 

研究員:笑夢字 笑夢男(えむじえむお)
だから年配の方程薄毛の方が多いんですね!!

 

ジヒドロテストステロンの生成を抑える為には!?

 

 

プロペシアを服用しましょう。

 

プロペシアには5αリダクターゼの生成を抑える作用があります。

よってジヒドロテストステロンの生成を抑えることでき、

男性型脱毛症の進行を抑制することが出来ます。

 

プロペシアは医師による処方でしか入手することが出来ません。

ですのでAGA専門のクリニックを受診されることをオススメします。



 

またプロペシアは私も8年間服用しておりかなり効果を実感しております。

8年間の記録も記事にまとめていますので是非ご確認下さいませ。

 

私がプロペシアを大学生の頃から8年服用し続けた全記録

教授:ボールドヘッド
プロペシアは男性型脱毛症治療の特効薬じゃ!!

 

まとめ

 

 

今日は薄毛と男性ホルモンの関係性について記事を書かせて頂きました。

 

「エロい男はハゲやすい。」

「体毛の濃い男はハゲやすい。」

「マッチョの人はハゲが多い。」

というような噂?迷信?があるように、

男性ホルモンが多いと薄毛になりやすいと言われている方は多いようです。

 

でも男性ホルモンが多くてもハゲない人はハゲませんし、

ましてや最近では男性ホルモンが少ないはずの女性でも薄毛で悩まれる方が増えてきています。

 

これ実はジビドロテストステロンという悪性の男性ホルモンの仕業だったんですね。

このジヒドロテストステロンがヘアサイクルを乱れさせ薄毛を進行させるのです。

 

ジヒドロテストステロンの生成を抑える為にはプロペシアの服用が超有効。

※詳細は下記の記事をご覧ください。

 

私がプロペシアを大学生の頃から8年服用し続けた全記録

 

薄毛と男性ホルモンはかなり関係が深いことが今日の記事で分かりましたね。

男性ホルモンが強めで薄毛の兆候があるという方は、

未来の自分の為にも早めに治療を開始した方が良いでしょう。