今日はフォリックスFR12効果と絶対に知っておくべき懸念事項について記事を書いていきます。

 

フォリックスと言えば、あのポラリスの後発品で薄毛の進行レベルでミノキシジルの濃度を選べるということで人気を集めている育毛剤です。

 

濃度は2%から16%と様々で今回ご紹介するFR12は、

ミノキシジルの濃度が12%で丁度中間にあたいする濃度で高濃度を呼ばれる部類に入ります。

 

研究員:笑夢字 笑夢男(えむじえむお)
そんなに高濃度でミノキシジルを配合する育毛剤があるんですか!?

 

研究員:頂点 臼男(てっぺんうすお)
めちゃめちゃ生えそうやんけ!?

 

高濃度なだけあり結構進行が進んでいる薄毛にも効果が期待できます。

 

また、フォリックスの中でも一番使いやすい濃度だと言われています。

 

今日はそんなフォリックスFR12を丸裸にしていこうと思います。

 

■フォリックスFR12

内容量:1本60ml

使用対象:男性専用

販売価格:5180円~

※商品情報は下記バナーから

 

フォリックスFR12の8種類の配合成分について

 

 

フォリックスFR12は下記の8種類もの成分が配合されています。

 

育毛製品研究家:白鳥マキ
フォリックスFR12には豊富な発毛成分が含まれているの!

 

・ミノキシジル

・フィナステリド

・アルファトラジオール

・アデノシン

・フォリックサン

・アゼライク酸

・ミリストイルペンタペプチド-17

・トコフェロール酢酸エステル

 

発毛成分としてミノキシジルは最もメジャーですが、

その他にも沢山の有効成分が含まれているのがフォリックスシリーズの特徴です。

それでは一つずつ解説していきましょう!

 

ミノキシジル

 

ミノキシジルは言わずと知れた王道の発毛成分です。

「ヘアサイクルの正常化」「血管拡張作用」の二つの効果があります。

 

・ヘアサイクルの正常化

ミノキシジルが毛乳頭細胞を刺激するとVEGF・FGF-7と呼ばれる成長因子が生成され、

それが毛母細胞を増殖させ、髪が太く長く成長できるように働きかけることが出来るのです。

 

・血管拡張作用

ミノキシジルは元々高血圧症の治療の為に開発された成分なので、

血圧を下げる為に血管を拡げる効果があります。

頭皮の血管を拡げることで栄養が届きやすくなり発毛しやすくなるのです!

 

日本で人気のリアップもミノキシジルが最高5%配合されており、

1年の継続使用で約90%の方に軽度改善以上の発毛効果が見られたと言われております。

フォリックスFR12はそのリアップの倍以上のミノキシジルを配合しています!

 

なので、その倍以上の効果が期待できそうですね!

 

研究員:頂点 臼男(てっぺんうすお)
やっぱこりゃ期待出来そうやなー!

 

フィナステリド

 

プロペシアの主成分で有名なフィナステリド。

男性型脱毛症の原因であるジビドロテストステロンという物質の生成を抑えることがあります。

外用薬に配合されることは中々ないので抜け毛予防の面ではかなり大きいです。

 

教授:ボールドヘッド
フィナステリドで抜け毛予防も出来るのは大きいの!

 

アルファトラジオール

 

女性ホルモンの一種でフィナステリドと同様に、

ジビドロテストステロンの生成を抑えることで男性型脱毛症の進行を抑える効果があります。

 

アデノシン

 

アデノシンは体内でFGF-7と呼ばれる成長因子を作ります。

このFGF-7と毛乳頭に働きかけ発毛を促す効果があると言われています。

また、ミノキシジルと同様に血管拡張効果もあります。

 

育毛製品研究家:白鳥マキ
成長因子による発毛効果も期待できるのよ!

 

フォリックサン

 

フォリックサンは毛乳頭を刺激し、頭皮や毛包を活性化することで抜け毛を予防する働きがあります。

また髪の毛の太さを太くすることで毛髪の密度の改善も期待出来ます。

おそらくフォックスという商品名はこの成分が配合されていることが由来なのでしょう。

 

アゼライク酸

 

アゼライク酸はフィナステリドやアルファトラジオールと同様に、

男性型脱毛症の原因物質であるジビドロテストステロンの生成を抑える効果があります。

ジビドロテストステロンはテストステロンという男性ホルモンに5αリダクターゼと呼ばれる酵素が合わさって、生成されますがフィナステリドやアゼライク酸はこの5αリダクターゼの生成を抑えることでジビドロテストステロンの生成を抑えます。

 

また5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型が存在し、

フィナステリドはⅡ型にしか作用出来ないのに対してアゼライク酸はⅠ型Ⅱ型双方に作用することが出来ます。

 

ミリストイルペンタペプチド-17

 

まつ毛用美容液に使用される成分で毛の成長を促進する効果があると言われています。

臨床試験ではまつ毛の長さを25%伸ばすことが出来たようで、

毛髪にも同様の効果があるのではないかと期待をされています。

 

トコフェロール酢酸エステル

 

ビタミンEの一種で血行促進作用抗炎症作用があると言われています。

また、頭皮の嫌な臭いの原因になる酸化脂質の発生を抑える効果もあると言われています。

 

フォリックスFR12の発毛効果について

 

 

ミノキシジルを5%しか配合していないリアップでさえ、

1年間の継続使用で約90%の方に軽度改善以上の発毛効果が確認されている。

フォリックスFR12のミノキシジルの配合濃度はリアップの倍以上の12%。

 

効果がないはずがない。。。

 

研究員:頂点 臼男(てっぺんうすお)
確かに。

 

研究員:笑夢字 笑夢男(えむじえむお)
確かに確かに。

 

しかもミノキシジルに加えて合計8種類の発毛成分。

フィナステリドやアゼライク酸など

男性型脱毛症を予防する成分も入っている点もかなり効果的だと言えるでしょう。

 

血行促進、男性型脱毛症予防、成長因子、

薄毛治療において大切なポイントを全て押さえています。

 

もちろん個人差はあると思いますが、

効果は期待出来るかと思います。

 

つるつるハゲ頭からフサフサ髪も夢ではないかもしれません!!

 

※商品情報は下記バナーから

 

 

フォリックスFR12を使用する上で絶対に把握すべき3つの懸念事項

 

 

高濃度で発毛成分ミノキシジルを配合するフォリックスFR12ですが

確かに効果はかなり期待できると思います。

その反面副作用などリスクも大きいということは理解しておいて下さい。

 

とはいえフサフサ髪を取り戻せるなら少々リスクを犯してでも使いたいという方は多いでしょう!!

 

教授:ボールドヘッド
フサフサ髪はハゲの憧れじゃからのぉ~

 

私もそう思った一人です。

 

リスクが大きいという事実は変えられないですが、

そのリスクとうまく付き合うことで被害を最小限に抑えることも十分に可能です。

 

ここからはフォリックスFR12を使用する上で

絶対に把握すべき3つの懸念事項について解説していきます。

 

・副作用についての理解

・女性や子供に対する影響

・使用感について

 

副作用についての理解

 

 

ミノキシジルを高濃度で配合しているだけあって副作用の発生率も高くなっています。

副作用についてはしっかり理解しておきましょう。

 

育毛製品研究家:白鳥マキ
副作用の発生率が高いので慎重にならないとダメよ!

 

ミノキシジルの副作用は大きく下記の4つのカテゴリーに分けられます。

 

・皮膚

・精神神経系

・循環器

・代謝系

 

一つずついきましょうか。

 

皮膚

 

皮膚に関しては頭皮に塗布するタイプの育毛剤なので頭皮に影響が現れます。

具体的には頭皮の発疹や痒み、なぶれなど。

この手の副作用は最も多く表れやすいです。

教授:ボールドヘッド
この手の副作用は外用育毛剤を使用しておるとよくあるやつじゃな・・・

 

ですが頭皮を清潔に保つことで改善されることも多いので、

よっぽど酷くない限り気にし過ぎる必要なないです。

 

痛みを発したり長期間改善されない場合は一時使用を中断して皮膚科などの受診をオススメします。

 

精神神経系

 

精神神経系では頭痛やめまいがあげられます。

ミノキシジルは頭皮表面の毛細血管を拡張して血行を良くする働きがありますが、

拡張した血管が神経などを圧迫し頭痛やめまいを引き起こすことがあるようです。

 

教授:ボールドヘッド
頭痛やめまいは症状が表れたら早めに服用を中止するべきじゃ!

 

循環器

 

循環器系の副作用では動悸や胸の痛みなどがあげられます。

循環器は生命維持においてかなり重要で、

ミノキシジルの影響が出やすい部分なので異変を感じたら服用を一時中断するようにしましょう。

育毛製品研究家:白鳥マキ
循環器系の副作用は要注意よ!早めに服用を中止してね!

 

代謝系

 

急激な体重増加やむくみなどがあげられます。

「最近太ってきたな・・・」と感じているそこのアナタ!

もしかしたらそれはミノキシジルの影響かもしれません。

 

教授:ボールドヘッド
最近太ってきたな・・・

 

女性や子供に対する影響

 

 

フォリックスFR12はフィナステリドを含んでいます。

フィナステリドは女性や子供に悪影響を与えると言われています。

 

妊婦が誤ってフィナステリドを摂取してしまった場合、

胎児の男性器に悪影響を与える可能性があります。

 

子供の摂取も生殖器官に障害を及ぼす可能性があるので、

プロペシアなどのフィナステリド製剤の服用は禁止されています。

 

またフィナステリドは経皮吸収と言って、

触れただけで体内に入っていってしまうので事前にパートナーに話しておくことや、

子供の手の届かない場所で保管することは必須です。

 

研究員:笑夢字 笑夢男(えむじえむお)
触っただけで成分が体内に入っていくんですね!?

 

使用感について

 

 

フォリックスはスプレータイプで、

黄色い薬剤を頭皮に噴射しそれを塗布しながら使用します。

 

僕はスプレータイプが苦手なので自前のスポイトを使用して患部に刷り込むようにしています。

 

↓こんな感じです! マイスポイト(笑)

 

 

臭いは今まで使用した育毛剤の中では少し強めでした。

ハッカのような臭いで気になる人は少し気になるかもしれません。

 

またべた付きもあり、

塗布した後は少し髪に纏まりや艶が出たりするので頭皮が露出しやすいです。

 

本当は朝晩塗布するのが望ましいですが、

べた付きが気になるので朝など外出前の塗布は控えるようにしています。

 

研究員:頂点 臼男(てっぺんうすお)
わしははなから頭皮露出しまくっちょるから朝晩毎日塗布するぞ!笑

 

個人的見解ですが使用感はあまり良い方ではないですね・・・

 

いきなり高濃度のミノキシジルを使用するのは危険!?

 

 

フォリックスFR12はミノキシジルの濃度は12%。

濃度としてはかなり高い方です。

ミノキシジルに耐性がない方がいきなり高濃度のミノキシジルを使用すると副作用が発生しやすいのかもしれません。

 

これは私の実体験なんですが、

約6年程前に5%のミノキシジルを配合したザンドロックスという育毛剤を使用していました。

約半年前にフォリックスFR12を使用し始めたのですが、使用してすぐに頭痛と動悸に襲われました・・・

育毛剤の副作用を経験するのは初めてだったので少しテンパりましたが、

服用を一時中断することで副作用は収まりました。

 

「いきなり高濃度のミノキシジルを使用したからダメだったのか?」

と思い次はミノキシジルの濃度の低いフォリックスFR05から徐々に濃度を上げていきました。

 

するとあら不思議。

 

次にフォリックスFR12を使用する頃には副作用を全く感じなくなっていました。

 

読みが当たりました。

 

なので高濃度のミノキシジルで副作用が発生した場合は、

少し時間はかかりますが低濃度から少しずつ慣らしていくのが良いかもしれません。

 

研究員:笑夢字 笑夢男(えむじえむお)
なるほど!段階的に濃度を上げていくことで身体に耐性を作っていくんですね!

 

まとめ

 

 

今日はフォリックスFR12の効果と絶対に知っておくべき3つの懸念事項について解説させて頂きました。

 

まずフォリックスFR12の効果についてですが、

ミノキシジル5%配合のリアップですら1年間の継続使用で約90%の方に軽度改善以上の効果が見られたので、

ミノキシジルを12%配合しているフォリックスFR12はその倍以上の効果があるのでは!?

という見解に至っています。

 

実際に私も半年以上使用してますが発毛実感あります!!

 

それ以外にもミノキシジルを加え8種類の発毛成分も配合しています!!

 

・ミノキシジル

・フィナステリド

・アルファトラジオール

・アデノシン

・フォリックサン

・アゼライク酸

・ミリストイルペンタペプチド-17

・トコフェロール酢酸エステル

 

高濃度フォリックスは外用育毛剤最強だと思います!!

 

そして、絶対に知っておくべき3つの懸念事項についは下記の通りになります。

 

・副作用についての理解

・女性や子供に対する影響

・使用感について

 

ミノキシジルの濃度が高いだけあってその分副作用などのリスクも大きくなります。

出来るだけ低濃度から身体に慣らしていくのがオススメです。

 

私も最初は頭痛は動悸などの症状が現れましたが、

5%→7%→12%と徐々に慣らして使ううちに次にフォリックスFR12を使用する時は、

同じような症状は全く表れませんでした。

 

この記事を読んで頂いたので大丈夫ですが、

効果の高い反面リスクも高い発毛剤なので、

リスクとその対策についてはしっかりと学んで使用するようにしましょう!

 

※更に詳しい商品情報は下記バナーから