アナタはフィンペシアの副作用、ちゃんと理解して服用していますか??

 

フィンペシアやその正規品であるプロペシアなど、

フィナステリド製剤には副作用があります。

 

その中でも最もリスクを伴うのが肝機能障害です。

 

肝機能障害は放置しておくと肝不全に陥ります。

 

最悪の場合、診断から数ヶ月後に死に至るケースもあるそうです。

 

フィンペシアの副作用としての肝機能障害の発生率は数%以下と、

かなり低い発生確率となっておりますが、

服用するなら最大のリスクにはしっかりと備えたいとことです。

 

結論、対策は可能なので、

この機会に知識として取り入れておきましょう!

 

フィンペシアの副作用について

 

 

良い機会なので副作用全般についても解説をさせて頂きます。

 

フィンペシアの副作用は大きく分けてこの2つに分けられます。

 

・生殖機能

・肝機能

 

肝機能に関しましては先ほど挙げさせて頂いた肝機能障害、

生殖機能に関しましては男性機能の部分で性欲減退や勃起不全などが挙げられます。

 

育毛製品研究家:白鳥マキ
生殖器関連の副作用は発生率1%前後。

肝機能に関する副作用に関しては0.2%の発生率みたいよ。

 

どちらも発生率に関しては数%以下とかなり低いですが、

もしも身体に異変を感じた場合は速やかに服用を中止し医療機関を受診するようにしましょう。

 

なぜフィンペシアの服用で肝臓が蝕まれるのか?

 

 

研究員:笑夢字 笑夢男(えむじえむお)
でもなんでフィンペシアと服用すると肝機能障害になるんですか?

一見全く関係ないように感じるのですが・・・

 

これはフィンペシアだけの話ではないんですが、

薬というのは基本的に肝臓で代謝されます。

 

この代謝の時に肝臓に負担がかかるんです。

 

フィンペシアなどのフィナステリド製剤は毎日服用する薬です。

 

毎日服用するということは毎日肝臓で成分が代謝されるということになります。

 

「塵も積もれば山となる」という言葉もありますが、

この日々の代謝がボディーブローのように肝臓に負担をかけるので、

最終的に肝機能障害に陥ると言われています。

 

 

肝臓の異変についてはどうやったら気付けるの?

 

 

肝臓は「沈黙の臓器」と言われる程にその異変に気付きにくい臓器です。

肝機能障害が続くと全身の倦怠感や食欲不振、風邪に似た症状が表れますが、

一時的な体調不良と認識し肝機能障害を疑うことは少ないようです。

 

研究員:頂点 臼男(てっぺんうすお)
じゃぁどうやったら気付けるんや??

 

肝臓の異変には血液検査で気付くことが出来ます。

 

血液検査で肝機能を示すのは下記の3つの数値になります。

・AST(GOT)
・ALT(GPT)
・γ-GTP

 

この数値に異常がある場合、

肝機能に何等かの異変が起こっていることになります。

数値が異常な場合は速やかに医療機関を受診して医師に相談するようにしましょう。

 

多くの企業で年に1回は健康診断をやっていると思いますが、

病院でも受けることが出来ます。

 

半年に1回くらいは異常がないか調べるのが理想ですね。

 

更にリスクヘッジするならプロペシアやフィンペシアを服用する前に、

自分の肝臓がこれらのフィナステリド製剤の服用に耐えられるか病院で確認することも可能です。

 

念には念を入れておきましょう。

 

服用者必見!肝機能障害を起こさない為に生活の中で気を付けるポイント。

 

 

「もう既に服用しているけど肝機能障害にはなりたくない・・・」

というそこのアナタ!!

 

日々の生活を改善するだけで肝機能障害の発生率を更に下げることが出来ます。

 

日常生活の中で下記の3つの項目に気を付けるようにしましょう。

 

・過度の飲酒

・喫煙

・運動不足

 

飲酒に関してはお酒も肝臓で代謝されるので、

特に気を付ける必要があります。

 

研究員:頂点 臼男(てっぺんうすお)
くうぅぅ~!やっぱ酒はアカンのか~(汗)

 

フィンペシアは毎日同じ時間に飲むことが推奨されていますが、

飲酒している時に飲むのは大変危険です。

 

肝臓にかなり大きな負担がかかるので絶対にやめましょう。

 

あと運動に関しましては有酸素運動がオススメです。

ジョギングやウォーキングなど軽めでも良いので、

毎日続けることが出来れば肝臓だけではなく健康面でかなりプラスになると思います。

 

 

フィンペシアをオススメ出来ない真の理由について

 

 

最後にこんなことを言うのは酷かもしれませんが、

私は実はフィンペシアの服用は推奨していません。

 

研究員:笑夢字 笑夢男(えむじえむお)
ここに来てまさかのカミングアウト・・・(汗)

 

なぜならば国内で流通していないからです。

 

なので入手するには個人輸入サイトを利用して海外から取り寄せる必要があります。

 

実はこの個人輸入かなりリスクが高いんです。

 

大きく分けて2つのリスクがあります。

 

・偽物が輸入されてくるリスク
・トラブルがあった際、国の保証が受けられないリスク

 

この2つリスクが常に付きまといます。

 

偽物が輸入されてくるリスク

 

 

下記は個人輸入サイト最大手の【オオサカ堂】の口コミの一つです。

 

【torakichiさんからのご意見】

プロペシアからこちらに乗り換えて
二ヶ月弱。
すっとキープしていた髪がうすくなってきた!
これ本物か?
引用:オオサカ堂

 

個人輸入で偽物が輸入されてくる確率は50%以上と言われています。

 

実に2回に1回は偽物という計算・・・

 

研究員:頂点 臼男(てっぺんうすお)
偽物多すぎるやろ!!

 

偽物を掴まされた場合、

当たり前ですが全く効果を得ることは出来ません。

お金も時間も無駄にしてしまうことになります。

 

しかも偽物は成分として何が含まれているか分からないので、

健康的なリスクも考えられます。

 

トラブルがあった際、国の保証が受けられないリスク

 

 

個人輸入で入手した薬の服用に関しては、

使用中に何が起こっても全て自己責任になります。

 

日本には医薬品副作用救済制度という、

薬の副作用に悩む方を救済する制度がありますが、

海外から輸入した薬に関してはこれが適応外になります。

 

なのでフィンペシアなど海外から輸入して入手した薬で副作用が発生しても、

国からの保証などは全く受けられないんです。

 

 

まとめ

 

それではまとめに入らせて頂きます。

 

今日はフィンペシアの副作用と肝機能障害について纏めさせて頂きました。

 

フィンペシアの副作用には、

勃起不全や性欲減退などの生殖器に関わるものと、

肝機能に関わるものがありました。

 

特に懸念すべきものは肝機能に関わるもので、

肝機能障害がエスカレートすると生命に関わる恐れがあるからです。

 

肝機能障害に関しては自覚症状が少ないので分かりにくい部分がありますが、

健康診断などで行われる血液検査の通知を見ると異常か正常か判断出来るということでした。

 

また肝機能障害にならない為に下記の3つの項目に気を付けると良いということでしたね。

 

・過度の飲酒

・喫煙

・運動不足

 

またフィンペシアを使用する上でのリスクとして下記の2つを挙げさせて頂きました。

 

・偽物が輸入されてくるリスク

・トラブルがあった際、国の保証が受けられないリスク

 

フィンペシアやその正規品のプロペシアは副作用のリスクを伴う薬です。

発生率は低いですが間違った対処をしてしまうと取り返しのつかない事態になることもありますので、

くれぐれも注意しながら服用を行いましょう。