デュタステリドに興味を持っているそこのアナタ!!

色んな育毛剤がありすぎてどれを使ったらいいのか悩んでいるんじゃないんですか!?

 

若ハゲ研究家ヨッシー
どうも。こんにちは。

若ハゲ研究家のヨッシーです。

今日はそんなアナタの為にデュタステリドを含む育毛剤の正しい選び方をご紹介させて頂きます。

デュタステリドを含んだ育毛剤を手に入れるには、

正規品を処方してもらうかジェネリックと呼ばれる非正規品を個人輸入するかの二択になります。

ですが、実はこの個人輸入が凄く危険なんです・・・

 

デュタステリドを含む育毛剤を選ぶ時2つの判断基準があります。

 

一つは価格、もう一つは安全性。

 

研究員:頂点 臼男(てっぺんうすお)
効果については考えんくてもいいんか??

 

うぅ~ん・・・正直デュタステリドさえ入っていれば大差ないと思っています。

 

その辺も後程解説させて頂きます。

 

ここで多くの人が悩むのがAGA専門のクリニックでちゃんと処方してもらうのか?

個人輸入代行を利用してジェネリックをシレって入手しちゃうのか?

っていうところです。

 

アナタもこれ悩んでるんじゃないですか??

 

研究員:笑夢字 笑夢男(えむじえむお)
確か正規品とジェネリックでは大きな価格差があるんですよね?

 

そうなんです。

確かに価格はかなり安いんですが私はオススメしてません。

ジェネリックの個人輸入はやめておいた方がいいです。

 

そこんとこ解説させていただきますね。

 

なぜデュタステリドのジェネリックの個人輸入はやめておいた方がいいのか??

 

 

理由は二つあります。

 

1.偽物が多く流通しているから。

2.ジェネリックは国から認可されていないので何かあった時の保証がない。

 

研究員:頂点 臼男(てっぺんうすお)
偽物!?

それは困るの~

 

困りますよね。

個人輸入代行で輸入する製品の50%以上が偽物とも言われています。

個人輸入を使用していた時、何回か偽物を掴まされたことあります。

 

その時はプロペシアジェネリックのフィンペシアを使っていたんですが、

最初の100錠を使っている時はかなり効果があったんですが、

次の100錠を飲み始めて一ヶ月が経過した頃から急に抜け毛が増えだして・・・

 

その時はまさに「嫌な予感的中・・・」って感じでしたね。

 

それから

フィンペシアを何回か注文しましたが、

同じようなことが続いたので偽物に投資する時間とお金が勿体ないと思って、

それ以降は個人輸入は使ってませんね。

 

個人輸入の医薬品でトラブルがあった際は全て自己責任?

 

 

そうなります。

 

どんなに重篤な副作用が発生したとしても自己責任です。

 

国内で認可の下りている医薬品を使用して副作用が表れて健康被害を被ってしまった場合、

救済を図る為に医薬品副作用被害救済制度という公的制度があります。

 

しかし、海外医薬品を使用して副作用が発生した場合はこの制度は適応外になります。

 

厚生労働省も海外医薬品を自己責任で使用しないように注意喚起しています。

 

医薬品等の個人輸入は健康被害などの危険性があります

 

医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器、体外診断用医薬品又は再生医療等製品(以下「医薬品等」という。)を、海外からインターネット等を利用して取り寄せ、又は外国の旅行先で購入して持ち帰る等(いわゆる個人輸入)して、使用される方がいらっしゃいます。
しかし、そうした医薬品等は、日本国内で医薬品医療機器等法を遵守して販売等されている医薬品等に比べて、次のような保健衛生上の危険性(リスク)があります。

引用元:厚生労働省HP

 

海外医薬品は偽物が多く成分に何が含まれているか分かりません。

何の保証もなく得体の知れないものを口に入れているわけですから相当危険なんです。

 

なので私はジェネリック医薬品などの個人輸入は推奨していません。

 

研究員:笑夢字 笑夢男(えむじえむお)
国が注意喚起するということはかなり危険ということですね(汗)

 

じゃぁどのデュタステリド育毛剤を使えばいいの?

 

 

結論、国内で入手出来て且つ医師から処方してもらえるものに限ります。

 

ジェネリックと比較して値段はかかりますけど、

偽物と掴まされたり健康被害が現れることを考えたら100倍ましです。

 

答えを出る前に少しだけデュタステリドを含む育毛剤の種類について学んでいきましょう。

 

デュタステリドを含む育毛剤で代表的なものは下記の7つになります。

 

・ザガーロ

・アボルブ

・アボダート

・デュタス

・デュプロスト

・デュタプロス

・ベルトリド

 

この中で上3つのザガーロ、アボルブ、アボダートが正規品。

固法の4つは後発品いわゆるジェネリックと言われるやつです。

 

育毛製品研究家:白鳥マキ
ジェネリック医薬品は簡単に説明すると正規品のコピー用品みたいなものよ。

コピーなので製造過程でコストがかからないから低価格で販売することが出来るの。

 

マキさん補足ありがとうございます。

 

ジェネリック医薬品は個人輸入でした入手が出来ないので、

この時点でデュタス、デュプロスト、デュタプロス、ベルトリドの4つは対象外になります。

 

残るは正規品のザガーロ、アボルブ、アボダートの3つになりましたが、

ここから更に絞り込んでいきましょう。

 

ザガーロとアボルブとアボタードの中身はほぼ同じ!?

 

 

実はこれらの正規品の3つは中身の成分が殆ど同じなんです。

なのでどれを選んでも正直効果は大きく変わらないんですよね。

冒頭で「デュタステリドさえ入っていれば効果はどれも変わらない・・・」

と言ったのは中身が殆ど一緒だからです。

 

詳しくは下記の表をご覧ください。

 

 

 

 

「なんで中身が一緒なのに名前が違うの??」っていう質問が聞こえてきそうですね。

 

その答えは販売国がそれぞれ違うからなんです。

 

販売国が違えば販売元も違うので名称がそれぞれ異なるのは必然ですよね。

 

で、「3つの中でどれが一番オススメなのか?」って話なんですが、

結論ザガーロが一番オススメです。

 

なぜかと言うと唯一日本で認可が下りているからです。

 

なにかあった時は日本という国が保証してくれます。

 

なので最も安全なんですね。

 

育毛製品研究家:白鳥マキ
日本でデュタステリドを含む育毛剤を処方しているところの殆どがザガーロを処方しているわね。

それだけクリニックも安全性に関してザガーロが一番だと考えている証拠な。

 

よって、国内で認可が下りていて且つ医師から処方してもらえる

デュタステリド育毛剤はザガーロのみとなります。

 

なので、ザガーロを追従致します。

 

ザガーロについて

 

 

最後にザガーロについて解説させて頂きます。

ザガーロはカプセルタイプの内服薬で1錠あたり0.1mgと0.5mgのものがあります。

一般的には0.5mgのものが主流です。

 

価格は30錠で8000円前後が相場となっています。

 

育毛製品研究家:白鳥マキ
所長が通われているAGAスキンクリニックは初回は4800円で処方してもらえるみたいね。

 

そうですね。

カウンセリングして下さる先生も服用方法や副作用についてもしっかり説明して下さるので信頼出来ます。

 

オススメのクリニックですね。

 

まとめ

 

 

それではまとめていきましょう。

 

今日はデュタステリドのジェネリックを個人輸入で仕入れる事の危険性についてお話させて頂きました。

 

結論、偽物が多い点や副作用による健康被害があった際に、

どうすることも出来ないという点を理由で、

デュタステリドに限らず個人輸入は推奨できないというお話をさせて頂きました。

 

確かに海外から仕入れるジェネリック医薬品は価格が非常に安く、

リーズナブルな点は大きな魅力ですが、

それで偽物を掴まされてお金と時間を無駄にしては本末転倒。

 

更に副作用でトラブルが起こった際は取り返しのつかない事態になります。

 

それを考慮すると少し投資額はかさみますが、

日本という国から認可の下りているザガーロという育毛剤を使おうということでしたね。

 

海外の医薬品の個人輸入は厚生労働省が注意喚起するくらい危険です。

 

くれぐれも誤った判断をしてしまわないように注意しましょう。