突然ですがHARG療法ってご存知ですか??

HARG療法とは頭皮に発毛成分を直接注入する最先端の治療法なんです。

 

実績が少なく、

まだまだ効果があるのかないのか半信半疑な部分も多々ありましたので、

自分でクリニックに足を運んでみたり口コミを見ながら徹底的に調べてみました。

 

結論、私はHARG療法にはチャレンジしませんでした。

他の方にも推奨は出来ないと思いました。

 

理由はメリットよりもデメリットによって受ける影響の方が大きいと感じたからです。

 

今回は「HARG療法って何??」って感じのアナタの為に、

分かりやすくメリットとデメリットについて纏めさせて頂きました。

 

研究員:頂点 臼男(てっぺんうすお)
ハーグ?? ハンバーグ?? なんやそれ??

 

是非、最後まで読み進めてみて下さいね♪♪

 

HARG療法ってそもそも何なん??

 

 

まずはそもそも「HARG療法が何なのか??」という基本のところから解説させて頂きましょう。

 

HARG療法とは頭皮に直接「発毛成分」と注入する治療方法になります。

 

ここで気になるのが「何を注中するのか?」っていうところですよね?

 

研究員:頂点 臼男(てっぺんうすお)
得体の知れんもん注入されたら流石に困るからな(汗)

 

HARG療法では成長因子というものを頭皮に注入して発毛を促進します。

 

で、次に気になるのが「成長因子って何なの?」ってところですよね??

 

教授:ボールドヘッド
成長因子は髪の毛の成長に関して大きな役割を担っている毛母細胞を活性化させることが出来ると言われておるタンパク質の一種のことじゃ。

 

説明ありがとうございます。

 

それを頭皮に注入することで髪の毛の成長を促すことが出来るのがHARG療法なんです。

 

HARG療法のメリットについて

 

 

さて、ここからが今日の本題ですね。

 

HARG両方のメリットとデメリットについてです。

 

まずはメリットについてご紹介させて頂きます。

 

HARG療法のメリットについては下記の4つです。

 

・90%以上の高い発毛率
・効果の実感が早い
・副作用がない
・男女問わず治療が可能

 

それでは、一つずつ解説していきましょう!

 

研究員:笑夢字 笑夢男(えむじえむお)
発毛率90%以上で副作用もないって最高じゃないですか!

 

90%以上の高い発毛率

 

 

メリットとして挙げているのに、

こんなことを言うのは矛盾していますが、

これは少し誇大表記かもしれません。

 

研究員:頂点 臼男(てっぺんうすお)
ん??どういうこっちゃ??

 

ですが、HARG療法を行っているクリニックの多くは、

90%以上の発毛率をいうのを謳っています。

 

確かに90%の高確率で発毛するんだと思います。

 

でも、どこを線引きに発毛とするのかが難しいところですよね。

 

「1本でも髪が増えたら発毛なのか?」

「透けてる頭皮が全て隠れるくらい髪が増えたら発毛なのか?」

消費者側は後者を望んでいるはずですが、

もしかしたらクリニック側は全社で判断しているかもしれません。

 

インターネット上の口コミを見ると、

「髪が増えたかな?っていう感覚はあったけど、満足いくまでは増えなかった。」

「確かに生えたけど気休め程度しか増えなかった。」

など発毛はしたけど不満が残るという声が多数ありました。

 

とはいえ高確率で発毛するというのは一つのメリットだと思います!

 

効果の実感が早い

 

 

比較的効果の実感が早いのがHARG療法の特徴の一つです。

 

大体3ヶ月から半年の間に発毛効果を実感されている方が多いようです。

 

プロペシアやミノキシジルを使用した育毛剤での治療では、

半年~1年という声が多いですが、

それと比べると割と早い段階で発毛を実感出来る傾向にあるようです。

 

副作用がない

 

これは大きな魅力ですね。

 

プロペシアやミノキシジルなどの育毛剤を使用した薄毛治療には副作用のリスクが付きまといます。

 

HARG療法は成長因子という元々体内に存在するものを注入するので、

副作用の心配はありません。

 

教授:ボールドヘッド
副作用が気になって治療に踏み込めないという方は成長因子を使うHARG療法は適しているかもしれんの。

 

男女問わず治療が可能

 

 

効果の高い育毛剤の中にはプロペシアのように女性は使用できないというものが多く、

女性の薄毛は改善が困難と言われていました。

 

上記と同様にHARG療法は副作用の心配がないので、

女性も安心して取り組めます。

研究員:笑夢字 笑夢男(えむじえむお)
女性に適した薄毛治療で数少ないのでこれは選択肢の一つになりそうですね。

 

HARG療法のデメリットについて

 

 

続きましてHARG療法のデメリットは下記の3つになります。

 

・治療費がバカ高い
・痛みを伴う場合がある
・効果には個人差がある

 

こちらも一つずつ解説していきましょう。

 

研究員:笑夢字 笑夢男(えむじえむお)
バカ高い治療費がいくらなのか気になりましね・・・

 

治療費がバカ高い

 

 

これは問答無用で1番のデメリットですね!

 

私自信ちょっとチャレンジしたい気持ちもありましたが、

カウンセリングでこの金額を聞いてすぐに諦めました・・・

 

高い過ぎます。

 

治療費を公表していないクリニックも多いですが、

大体相場で半年で100万円前後はかかります。

 

HARG療法は1度施術すれば細胞が生まれ変わるのでランニングコストが掛からないという点で、

長期に渡って育毛剤治療を行うより長期的に見ればコスパは良いという声もありますが、

それにしても100万円は高すぎる・・・

 

これで生えなければかなりの痛手ですね。。。

 

研究員:頂点 臼男(てっぺんうすお)
生えんかったらマジぼったくりやん。。。

 

痛みを伴う場合がある

 

施術に関しては麻酔をかけて行うので、

激痛とまではいかないようですが多少の痛みはあるようです。

 

頭皮に注射針を刺すような施術ですので、

少なからず痛みを伴うのは致し方ないですね。

 

我慢しましょう!

 

教授:ボールドヘッド
頭皮に注射はわしはちょっと怖くて無理じゃの~

 

効果には個人差がある

 

これはどの治療においてもそうですね。

 

劇的に回復する方もいれば、思ったような効果が得られないという方もいらっしゃるようです。

 

発毛率が90%と言われているので、

残りの10%の方は現状維持もしくは悪化ということになります。

 

ただ100万円前後投資して思ったような効果が得られないというのはかなりの痛手ですよね。。。

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか??

 

今日はHARG療法について解説をさせて頂きました。

 

HARG療法とは成長因子と呼ばれる髪の毛の成長を司る毛母細胞を活性化させるタンパク質を

頭皮に直接注入することで発毛を促進する施術のことでしたね。

 

メリットとデメリットもそれぞれありました。

 

■メリット

・90%以上の高い発毛率
・効果の実感が早い
・副作用がない
・男女問わず治療が可能

 

■デメリット

・治療費がバカ高い
・痛みを伴う場合がある
・効果には個人差がある

 

育毛剤と使わずに毛量を維持できるかと思うHARG療法について色々と調べましたが、

私はHARG療法の施術は断念しました。

 

施術費用な口コミなどを見て、

費用に見合った効果を得ることは難しいと判断したからです。

 

お金に余裕がある方が施術を受けるのは何も言いませんが、

大金を払ってチャレンジするなら、

まずは育毛剤からチャレンジした方がリーズナブルですし効果も得やすいと思います。

 

施術を受けようと検討されている方はよく考えて判断した方が良さそうですね(汗)