アナタはキャピキシルという発毛成分をご存知でしょうか??

 

「ミノキシジルの3倍の発毛効果がある」と噂の発毛成分です。

 

下記はGoogleで「キャピキシル」と検索した際の表示画面です。

まだこれは一部ですが酷評記事が多数・・・

 

 

 

※7月2日現在の検索結果

 

実はこのキャピキシルですがネット上で「キャピキシル効果なし!」とかなり酷評を頂いているようで、今日はその酷評が嘘か真実か徹底検証していこうと思います。

 

研究員:頂点 臼男(てっぺんうすお)
結構叩かれてんな~・・・
研究員:笑夢字 笑夢男(えむじえむお)
嘘だらけとは酷い書かようですね・・・

 

最初に結論から書いていきますが、

若ハゲ研究家の私の意見としては「キャピキシルは強くオススメは出来ない。」といった感じです。

 

実際に私はキャピキシルを含むDeeper3Dという育毛剤を約4年間使用していましたが、

大きく発毛することはありませんでした。

 

と言ってもその時は私の若ハゲは80%くらい改善していて、

もしかしたらキャピキシルだけではそれが限界だったのかもしれません。

 

4年間使用していて毛量も維持出来ていたので、

「毛量維持」という最低限の効果はその頃に実感出来ていました。

 

とはいえ本気で「髪の毛を生やしたい!」と思っている方からしたら、

現状維持程度では確実に納得できないのは周知の事実。

 

しかもキャピキシル配合の育毛剤は値段が高価なものが多いので、

発毛実感が得られない場合酷評を頂くのも分かるような気もします。

 

今日は元ユーザーとしてキャピキシルの酷評の理由を更に深いところまで探っていきます!

 

キャピキシルってどんな成分なの??

 

 

良いのか悪いのかの前にまず、

キャピキシルがどんな成分なのかについて解説させて頂きましょう。

キャピキシルはカナダのルーカスマイヤーコスメティクス社という企業が開発した発毛成分で

アセチルテトラペプチド3アカツメクサ花エキスをブレンドした成分です。

 

育毛製品研究家:白鳥マキ
二つのも天然の成分だから副作用の心配も殆どないの。

 

それぞれの成分についても詳しく解説させて頂きましょう。

 

■アセチルテトラペプチド3

 

アセチルテトラペプチド3は成長因子の一種で強力な細胞再生能力を持っており、
傷んだ皮膚を修復し細胞を再生することで劣化した毛母細胞も再生することが可能です。

 

■アカツメクサ花エキス

 

アカツメクサエキスはビオカニンAという成分を含んでいます。

このビオカニンAが男性型脱毛症(AGA)に対して効果的にアプローチをしてくれるんです。

大きく分けて2つの効果があり、

一つ目は男性型脱毛症(AGA)の原因物質である5αリダクターゼの抑制と、

二つ目は頭皮の老化と炎症などの頭皮環境の清浄化です。

 

 

更に製造段階の論文の中でミノキシジルの3倍の効果があるという記載があることから一気に人気が出ました。

 

キャピキシルがミノキシジルの3倍の効果と言われる理由

 

 

次はキャピキシルの効果がミノキシジルの効果の3倍に匹敵する

と言われる理由について解説していきましょう。

 

これは完全にルーカスマイヤーコスメティクス社の論文の影響ですね。

 

 

研究員:頂点 臼男(てっぺんうすお)
英語はマジで苦手やねん・・・(涙)

 

 

日本語で分かりやすく画像を用いて解説しますのでご心配なく。

まずはこの画像を見て下さい。

 

 

これはミノキシジルとキャピキシルの配合成分であるアセチルテトラペプチド3を比較したグラフになります。

この二つの何を比較したかと言うと・・・

 

ヘアーグローアクティビティです!!

 

研究員:笑夢字 笑夢男(えむじえむお)
!?!?!?!?!?!?!?!?なんですかそれは!?

 

ヘアーグローアクティビティの正体に関しては実は論文の中にも書かれてないんです。。。

 

おそらく発毛を促すシグナルのようなものだとは言われていますが結構ふわっとしてるんですよね(汗)

 

臨床試験などで「毛髪の増加量がミノキシジルの3倍だった」とか、

「発毛した方の割合がミノキシジルの3倍多かった」とかであればミノキシジルの3倍の効果と言っても説得力はある気がするんですが、

単によく分からないヘアーグローアクティビティという数値がミノキシジルの3倍に匹敵するというだけであれば少し説得力に欠けるような気がします。

 

論文の分析(臨床試験について)

 

 

更に論文内の臨床試験の結果についても分析していきましょう。

 

論文内には下記のような分析結果が記されています。

 

 

まずは、論文内記載してある内容を和訳します。

 

論文には、この臨床試験では30人のAGA患者(平均年齢46歳)に協力してと書いてあります。

そのうち15人にはキャピキシルを、残りの15人にはプラセボ(偽薬)を使用してもらい、1日1回夜にそれぞれ20滴を、4ヶ月間使用してもらったそうです。

それから4ヶ月後の頭髪の状態と使用前の状態とを比較したそうです。

 

その結果が下記になります。

 

 

研究員:頂点 臼男(てっぺんうすお)
英語は全然分からんけど上の画像に比べて下の画像は確実に毛量増えてますやん!?

 

研究員:笑夢字 笑夢男(えむじえむお)
そうですね!これはすごい!

 

写真からだけでも毛髪の増加が見てとれますね。

これはキャピキシルを投与した方のアフター画像です。

 

数値比較もされていましたので、そちらも見てみましょう。

 

 

 

■成長期の髪の毛の割合

・プラセボ(偽薬):2%現象

・キャピキシル:13%増加

■休止期の髪の毛の割合

・プラセボ(偽薬):23%増加

・キャピキシル:29%減少

 

プラセボ(偽薬)使用者は成長期の髪の毛が減っているのに対して休止期の髪の毛が増えています。

キャピキシル使用者はその逆で成長期の髪の毛が増えて休止期の髪の毛が減っています。

要するにキャピキシルを使用した方は確実に髪の毛が純増していることが分かります。

 

教授:ボールドヘッド
結論、ミノキシジルの3倍と言うと疑問は多いがキャピキシルも発毛効果は期待出来るということじゃな。

 

仮にこれが1平方センチあたりの毛髪の増加率であればミノキシジルとの比較も可能だったんですが、そこまでは記載されていませんね。

 

実はミノキシジルは臨床試験の中で4ヶ月の継続使用で1平方センチあたり22本の毛髪の増加があったと発表されているんです。

なので、この臨床試験が1平方センチあたりの数値であれば試験期間も一緒なので比較対象として考えられるということになります。

 

「キャピキシル効果なし!?」と言われる理由

 

 

キャピキシルが「キャピキシル効果なし!」と巷で酷評を頂く理由は、

「ミノキシジルの3倍の効果!」という誇大表記が大きな要因かと思います。

 

厚生労働省から正式な発毛剤として認可されているミノキシジルの3倍の発毛効果となると誰しもが期待して当然です。

 

それが一人歩きしてしまって、

使用しても納得いく発毛効果が得られないということで、

「効果がない」という表現をされているように感じます。

 

しかしながらそれは実は当たり前のことで、

なぜならキャピキシルの発毛効果がミノキシジルの3倍に匹敵するという情報は非常に不明確な情報だからです。

 

「ヘアーグローアクティビティ??」という発毛シグナルとも言われる謎の数値がミノキシジルの3倍に値するだけで、

「ミノキシジルの3倍発毛した」という記載はどこにもありません。

 

しかし、「効果がない」というのも一概には言えません。

なぜなら臨床データの中に発毛が確認出来ているからです。

 

発毛には大きな個人差があるので中にはキャピキシルを使用して、

「発毛を実感出来なかった」ましてや「薄毛が進行してしまった」という方もいるかもしれません。

ですが一部の方は発毛が期待できる可能性も十分にあります。

 

個人的には過度の期待は禁物ですが、

脱毛予防成分も含まれているので現状維持程度のケアは十分に可能かと思われます。

 

「最近少し髪のボリュームが減ったな・・・」

「最近なんか抜け毛が増えてきたな・・・」

こういう薄毛初期に該当するようなお悩みをお持ちの方には副作用のリスクもないのでオススメ出来ると思います。

 

逆に薄毛がかなり進行している方にはオススメは出来ません。

 

教授:ボールドヘッド
過度の期待は禁物じゃ・・・

 

 

まとめ

 

 

それではまとめていきましょう。

 

今日は「キャピキシルは効果がないのか!?」という噂や口コミについて検証させて頂きました。

 

キャピキシルは「アセチルテトラペプチド3」「アカツメクサ花エキス」

という二つの天然成分が合わさってできた成分でしたね。

 

製造元であるルーカスマイヤーコスメティクス社の論文を確認すると酷評の理由が見えてきました。

 

・「ミノキシジルの3倍の発毛効果!」というのはあまりにも信憑性の低い情報だということ。

・臨床データの中で発毛が確認出来るデータがあるということ。

 

この二つのことからキャピキシルに対する酷評に関して、

「ミノキシジルの3倍の発毛効果!?」という誇大表記が原因だと推測出来ます。

 

とはいえ論文の中でも発毛が確認出来るデータもあるので、

一概には効果がないとは言い切れない。

 

しかし「ミノキシジルの3倍の発毛効果!?」というのは誇大表記の可能性が高いので過度の期待は禁物です。

 

あくまでも私の主観ではありますが4年使用した中での経験からの推測もありますので、

育毛剤選びの参考にはして頂けるかと思います。