アナタは【磯野波平】のことをご存じでしょうか。

 

かつて誰しもがこんなことを思ったでしょう。

 

「なんて髪型だ!?」

「てっぺんの一本は抜けないのか?」

「将来絶対あんな頭にはなりたくない。。。」

 

私も同じようなことを思っていました。

 

今日はそんな【磯野波平】というフィルターを通して、

薄毛について学べる記事を書いていこうと思います。

 

ハゲの極み【磯野波平】について

 

番組の中での彼の立ち位置としては、

「ちょっと頑固なお父さん」といった感じでしょうか。

 

頑固ですが人望も兼ね備えているところが彼の良いところですね。

 

彼について調べてみると一つ驚いたことがありました。

 

 

 

 

 

この数字なんだと思いますか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、実は彼の年齢なんです。

 

あの風貌でまだ54歳・・・

 

とっくに還暦は迎えているであろう威厳ですよね。

 

私の中でサザエさんのキャラクターって年齢不詳な部分が大きかったですが、

意外と調べてみると結構皆若いみたいです。

 

あのサザエさんでさえ、まだ24歳みたいです。

 

驚きですよね。

 

それでは本題に入っていきますが、

本日はハゲの極みである【磯野波平】から学べる、

3つの薄毛のメカニズムのついて記事を書いて参ります。

 

ポイントは3つに絞ってお送り致します。

 

 

 

この3本立てでお送りしていきます♪

 

恐るべし!壮年型脱毛症の恐怖

 

まず初めに、アナタは磯野波平が何歳からハゲ出したかご存じでしょうか??

 

少しまとめさせて頂きましたのでご覧下さい♪

 

 

いかがでしたでしょうか??

 

上記の通り実はハゲ出したのは約8年前からで、

それまではフサフサだったと言われています。

 

実は磯野波平は若かりし頃からハゲていたのではなく、

46歳の頃から8年という年月を経てあのヘアスタイルになったと言われています。

 

結論、何が言いたいかというと・・・・

 

磯野波平は典型的な壮年型脱毛症だということです。

 

壮年型脱毛症について

 

 

壮年型脱毛症とは30代~50代の方の髪の毛が、

AGA(男性型脱毛症)によって薄くなる症状のことを指します。

 

これとは逆に若年性脱毛症(いわゆる若ハゲ)も

AGA(男性型脱毛症)の一種だと言われています。

 

なので双方ともAGA(男性型脱毛症)であることは間違いありません。

 

原因は加齢に伴うホルモンバランスの乱れです。

 

頭頂部もしくは前頭部から少しづつ薄くなっていくのが特徴です。

 

基本的壮年型脱毛症の治療はAGA治療と同じです。

 

なぜ、磯野波平が壮年型脱毛症であると言えるのか??

 

 

結論、あくまでも仮説の話であります。

 

この年齢で急激に薄毛が進行するのは、

壮年型脱毛症か頭皮環境悪化に伴う薄毛になります。

 

後者の頭皮環境悪化に伴う薄毛に関しては、

磯野波平は当てはまらないと私は思います。

 

理由はかなり規則正しい生活をしていますし、

育毛剤で頭皮環境のケアとしたり、

1本しかない髪の毛にドライヤーとあてたり、

結構ケアに力を入れているシーンを目にします。

 

なので、磯野波平の薄毛の原因は消去法にはなりますが、

壮年型脱毛症だと考えています。

 

ストレスと薄毛の関係性について

 

磯野波平と言えば、

カツオを『バッカモーーーン』言いながら叱っているシーンがとても印象的ですよね。

 

 

巷では【叱ることでストレスを発散しているのでは?】とも言われています。

 

サザエさんの作品7552の「カミナリやめます」という回では、

カツオを叱ることを一時的に止めた磯野波平が体調不良に陥り、

”体調不良は叱ることを止めたからでは?”という謎の解釈を行い、

再び叱り始めるという話で、そのひねくれた行動に巷では、かなり炎上していました。

 

もしかしたら、かなりストレスフルな日常を送っているのかもしれませんね。。

 

サラリーマンで中間管理職。

 

立場的にもかなりストレスが溜まっていることでしょう。

 

ストレスは薄毛の進行を早める原因にもなります。

 

ストレスが薄毛の進行を早める理由

 

 

ストレスが溜まり、慢性的なストレス状態が続くと、

常に血管が収縮状態になり血行不良に陥ります。

 

頭皮は心臓から一番遠く、

ただてさえ血が通いにくいにも関わらず、

更に血行不良にもなると、

髪の毛に十分に栄養が届かなくなります。

 

なので、新しく生えてくる髪の毛が育たなかったり、

軟毛化が進んだりするのです。

 

定期的にストレス解消をするようにしましょう。

 

間違っても磯野波平のように、

人を叱り散らかしてストレス発散しないようにご注意下さい(笑)

 

薄毛の原因物質!5αリダクターゼについて

 

 

磯野波平のような前頭部から頭頂部にかけてハゲていく症状は、

AGA(男性型脱毛症)の典型的な症状だと言われています。

 

そして、そのAGA(男性型脱毛症)の原因となるのが5αリダクターゼなのです。

 

AGA(男性型脱毛症)の原因であるヘアサイクルの乱れは、

ジビドロテストステロンと呼ばれる悪性の男性ホルモンによって引き起こされます。

 

そして、このジビドロテストステロンは、

テストステロンと呼ばれる男性ホルモンにこの5αリダクターゼが合わさることで生まれます。

 

なので結論、この5αリダクターゼを抑制出来れば薄毛は改善出来るのです。

 

また、5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があります。

 

Ⅰ型:全身、及び側頭部と後頭部の皮脂腺に多く存在する。

Ⅱ型:前立腺及び前頭部と頭頂部の毛乳頭に多く存在する。

 

よってⅡ型が薄毛に直結することになります。

 

波平の頭頂部の1本の髪の毛はなぜ5αリダクターゼの影響を受けないのか?

 

 

理由はそもそも、あの髪の毛が5αリダクターゼという酵素を持っていないからです。

 

5αリダクターゼは髪の毛によって、

それを持っているか持っていないかが違い、

持っていないものはヘアサイクルは乱れません。

 

正直、現実的には考えにくい話ですが、

波平さんの場合、あの1本の髪の毛だけ5αリダクターゼを持っていないということになります。

 

まぁ、マンガの世界だから許される設定ということですね。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか??

 

磯野波平というハゲ界のスーパースターを通して、

ハゲについて理解を深めることは出来ましたでしょうか?

 

薄毛を克服する為に1番大切なのは、

【正しい知識を身に付けること】です。

 

いくら、正しい内容をアウトプット出来たとしてもアナタに伝わらなければ意味がありません。

 

なので、今回は”磯野波平”というキャラクターを通して、

ハゲを噛み砕いてアウトプットさせて頂きました。

 

もしも【面白い!!】と思って頂けたなら、

アナタ以外の薄毛や抜け毛に悩んでおられる方にも教えてあげて下さい♪

 

それでは。