世界各国に視野を広げると様々な薄毛治療法が存在します。

 

日本では育毛剤や増毛や植毛などが主流ですが、
世界にはそれ以上に無数の薄毛治療法が存在します。

 

現在の医学は薄毛が完全に治せるレベルまで進歩しています。

 

大切なのは治そうと行動を起こすかどうかなのです!

 

今日はそんな世界の薄毛治療法にスポットを当てていこうと思います。

 

私が今最も気になっている薄毛治療法が・・・

バンパイアPRPッッ!!

 

研究員:頂点 臼男(てっぺんうすお)
バンパイアPRP??
研究員:笑夢字 笑夢男(えむじえむお)
何ですかそれは??

 

別名吸血療法と呼ばれる薄毛治療法です!

 

アメリカで最も注目を集めた薄毛治療法です。

 

PRPは【PLATELET-RICH PLASMA】の略で、
直訳すると豊富な血小板による治療というような意味があります。

 

また、この治療法は薄毛の治療以外にも様々な場面で、
活用が可能でケガの治療や美容の分野など幅広い場面で活用されています。

 

有名な話で言えばあのニューヨークヤンキースの
マー君こと田中将大投手がケガの治療に取り入れたことでも有名です。

 

かなり注目されている治療法なんです!!

 

教授:ボールドヘッド
今最先端と言われる薄毛治療の一つじゃ!

 

バンパイアPRPとはどんな薄毛治療法なのか?

 

 

バンパイアPRPとは簡単に説明すると、
自分の血液を採取し患部に注入するという方法になります。

 

詳しく説明すると、
まず自分の血液を採取し、
それを遠心分離機にかけてPHP組織(血小板を濃縮した組織)を作ります。

 

なぜ遠心分離機にかけるかというと、
凝縮された血小板だけを抽出する為です。

 

それを幹部に注射器で注入します。

 

PRPには様々な成長因子が含まれており、
新しい細胞や組織を活性化させ成長に導くことが出来ます。
それを幹部に注入することで治癒力を格段に上げることが出来ます。

 

研究員:頂点 臼男(てっぺんうすお)
今流行りの細胞レベルの治療っちゅうことやな!

 

薄毛治療においても、
活動が弱くなってしまった毛母細胞が元気になることで、
発毛力を各段に挙げることが出来ます。

 

また、健康な髪の毛を作る上で材料となるのは血液そのものであり、
それを直接的に補うことが出来るというのは薄毛治療においてかなり効果的だと言えます。。

 

頭皮は心臓から離れており血液が不足しがちな部分です。

 

「髪は血余り」という言葉があるように、
血液が不足しがち部分だからこそ、直接補うことのできるこの方法はかなり効果的なのです。

 

ちなみにネーミングにバンパイアという文言が使用されているのは、
自分の血を採取するのがバンパイアみたいだからという、
アメリカらしいユーモアも感じることが出来ます。

 

バンパイアPRPのメリットとは?

 

 

まずは薄毛治療における効果が高いという点。

 

特にAGA(男性型脱毛症の)方は高い効果が得られるようです。

という事は殆どの薄毛男性が該当するということになります。

 

次に自分の血液を採取して自分に注入するので、
アレルギーや感染症の心配も全く必要なく、
安全性の面でもかなり優れた治療法です。

 

また、2011年に行われた臨床試験によると男性にも女性にも適応が可能ということで、
幅広い総に対応できるという柔軟性も兼ねそろえております。

 

研究員:笑夢字 笑夢男(えむじえむお)
効果が高い上に安全って言う事ないじゃないですか!

 

バンパイアPRPのデメリットとは?

 

 

デメリットは3つあります。

 

まずは費用が高額であるという点です。

 

施術にかかる費用は大体50万~100万円と言われています。

 

中々の高額なので手が出せない方も多いことでしょう。

次に治療法として普及し出したばかりなので、
対応出来るクリニックが多くありません。

 

本場のアメリカでも少ないと言われています。

 

日本国内でとなると更に限られてくるでしょう。

 

通院するだけでも費用が嵩みそうです。

 

3つ目はあくまでも発毛治療なので、
抜け毛の減少には効果がないと思います。

 

髪の毛を増やす為には発毛と同時に抜け毛を抑えなければなりません。

 

結果的にフィナステリド系の育毛剤は
同時進行で使用しなければいけなさそうですね。

 

教授:ボールドヘッド
最先端治療じゃから希少価値が高いがゆえのデメリットじゃな。。。

抜け毛対策としてプロペシアなども併用した方が良さそうじゃな。

 

バンパイアPRPとHARG療法の違い

 

 

頭皮に直接注入するという点が共通するので、
何かと勘違いされがちですが、全くの別物になります。

 

一番の違いは注入するものが全く違います。

 

HARG療法では成長因子やビタミン系、
アミノ酸系の育毛に欠かせない栄養素を注入します。

 

バンパイアPRPは自分の血液を注入します。

とはいえHARG療法とバンパイアPRPは共通点が多いのは事実です。

 

高い効果が期待出来る点や、高額な費用を要する点など。

 

日本で普及しているのは、明らかにHARG療法ですね。

 

バンパイアPRPはアメリカでもごく一部でしか普及していないので、
これから普及していくにあたって更に混在してくる可能性はありますが、
今一度しっかり分別をつけておきましょう!

 

バンパイアPRPはこんな方にオススメ?

 

 

何を試しても効果がなかった。。

 

そんな方に試して頂きたいです。

 

薄毛治療はコストのかからないものから試していくのが基本だと思っています。

 

なぜならいきなりコストのかかるものに手を出さなくても、
症状によってはローコストで治せるものが多いからです。

 

ローコストで治せる症状なのに高額投資をした場合、それは無駄な投資になります。

 

それは勿体ないので、しっかり段階を踏むべきなのです。

 

バンパイアPRPは効果は高いですが、
その分かかる費用は莫大です。

 

よく考えて判断するようにしましょう。

 

研究員:頂点 臼男(てっぺんうすお)
最終手段として考えるのが良さそうやな。。。

 

まとめ

 

 

それではまとめです。

 

今日は次世代の薄毛治療であるバンパイアPRPについて解説させて頂きました。

 

バンパイアPRPとは簡単に説明すると自分の血液を採取し、

患部(薄毛の部分)に注入することにより患部の細胞の働きを活発にして、

髪の毛を生やすという方法でした。

 

バンパイアPRPのメリットとしては、

自分の血液を使用するので副作用がないという点と、

女性でも施術が可能であるという点に加えて高い効果が期待出来るという点が挙げられます。

 

逆にデメリットと致しましては、

最先端技術になるので施術費用が高額であるということです。

 

日本でも施術を受けられるクリニックもあるようですが、まだまだ数は限りなく少ないようです。

一般的な治療になるには、もう少し先かもしれませんが薄毛治療における技術はかなり進歩しつつあることが分かります。

 

数十年後には薄毛に悩む人がいなくなるような世の中になれば良いですね♪