アナタのヘアカラー本当に大丈夫ですかッッ!?

 

ヘアカラーは手軽にオシャレを楽しんだり、
気分を変えたり出来るということで、
やっている方も多くいらっしゃることでしょう。

 

ただヘアカラーは実は髪や頭皮にかなりの負担をかけています。

 

薄毛の原因になります。

 

私もヘアカラーが原因で薄毛になってしまった一人です。

 

それだけが原因ではないんですが、
間違いなくヘアカラーの繰り返しが薄毛の原因の一つだと、
専門のお医者様にも言われました。

 

高校時代に夏休みなどの大型連休になれば髪の毛を染めて、
夜な夜な遊び周り、学校が始まってからは、
くせ毛が気になるという理由でストレートパーマをかけていました。

 

そのお蔭で髪や頭皮はボロボロでした。

 

頭皮に関してはそこまで自覚症状はなかったのですが、
髪の毛は度重なるヘアカラーやパーマの影響でゴムのように、
柔らかくなり引っ張ったらすぐに切れてしまうように状態でした。

 

異常な程の抜け毛に襲われたのは、
そういった状態になってから数ヶ月後のことでした。

 

シャンプーしている時に、
排水溝に向かって流れていく大量の髪の毛を目にしました。

 

「どうせいつもの切れ毛だろう・・・」

 

と思いあまり気にしてはいませんでしたが、
ある日抜けていく髪の毛を集めて確認してみたところ、
全ての髪の毛に毛根がありました。

 

そこで初めて「切れているんではなく抜けているんだ・・・」
という事実に気付きました。

 

その時にはもう時既に遅く、
頭皮や髪の毛へのダメージはかなり蓄積されており、
抜け毛を止めることは出来ませんでした。

 

そして2年後の二十歳を向かえる頃には、
頭頂部が完全にハゲてしまうという悲惨な状態になってしまいました。

 

今は薄毛治療を独学で学んでいき、
すっかり改善しましたが、
私と同じ想いをする方は一人でも少なくなればと思い、
今日はヘアカラーと薄毛の関係性についての記事を書いていこうと思います。

なぜヘアカラーを使用することで抜け毛が増えるのか?

 

 

まず、一つ言えることは、
ヘアカラーが抜け毛の直接的な原因になるわけではないということです。

 

ヘアカラーは髪の毛にはかなりの負荷を与えるものの、
毛根に直接ダメージを与えるものではないので、
ヘアカラーが薄毛の直接的な原因ではないのです。

 

では、なぜヘアカラーをすると抜け毛が増えてり薄毛が進行したりするのか?

 

ヘアカラーが頭皮に付着することが、頭皮に多大なるダメージを与えるからです。

 

ヘアカラーは強アルカリ性の薬剤で頭皮の表面は弱酸性で保たれています。

 

なので、薬剤が頭皮に付着してしまうと、
炎症を起こす原因になってしまうのです。

 

ヘアカラーしている時に頭皮がヒリヒリした経験はありませんか?

 

これは真に頭皮が蝕まれているその瞬間なんです。

 

また、アレルギーによる皮膚炎を発症する可能性もあります。

 

結果として頭皮が炎症を起こすことにより、
毛根にダメージを与えることになります。

 

放っておくとダメージが蓄積され、
やがて抜け毛は増えて薄毛が進行していくことになります。

ヘアカラーの種類のその特徴

 

 

●ヘアカラー

髪の毛の表面のキューティクルを開き、
カラー剤を浸透させることで髪の毛の芯を保護しているコルテックスに入り、
メラニン色素を分解し、色を変えていきます。

キューティクルを一度開くので、
髪の毛へのダメージは結構大きいです。

また、頭皮に対する刺激も強いです。

 

●ブリーチ

「これは一番やばんじゃない?」
と思われている方も多いのではないでしょうか?

お察しの通りやばいです。

メラニン色素を分解して脱色させて明るい色にするのがブリーチです。

非常に刺激の強い薬剤を使う為、
頭皮に付着すると痛みが出て皮がむけたり、
かゆみが生じたりします。

もちろん頭皮の炎症のリスクも高めなので注意が必要です。

 

●ヘアマニキュア

カラー剤の中ではダメージは少ない方法です。

髪の毛の表面にカラー剤をコーティングする方法なので、
ヘアカラーやブリーチと比較するとダメージは少ないです。

ただし色落ちが早いので、
色を維持するには何度も染め直さないといけないというリスクもあります。

それはそれであまり良くありません。

 

●ヘナカラー

天然の染料を使うので髪の毛や頭皮へのダメージは殆どありません。

染めるのに時間がかかるなどのデメリットもありますが、
髪の毛や頭皮のことを考えると一番良い方法です。

ヘアカラーをする時に絶対にやってはいけないこと。

 

 

最後にこれだけお伝えさせて頂きます。

 

【絶対に自分ではやらないで下さい。】

 

よく自分で髪を染めるという方いらっしゃいますが、
これかなりリスクが高いです。

 

安くあがるという部分でのメリットはありますが、
薄毛が気になる方は絶対にやってはいけません。

 

なぜなら、頭皮に薬剤が付着してしまうからです。

 

あなたは頭皮に全く薬剤を付けずに髪の毛を染められますが?

 

出来るという方は良いですが、
ヘアカラーが薄毛の原因になるのは頭皮に薬剤が付着した時です。

 

なので美容師などのプロにやってもらうことが一番良いのです。

 

プロでも多少頭皮についたりもしますが、
素人がやるよりかは大分うまくやってくれます。

 

なので絶対に自分でやらないようにしましょう。