白髪の人の方が実はハゲやすい。

 

本当なのか?ウソなのか?

 

昔から「白髪の人はハゲない」という噂がありますよね。

 

実はこれは真っ赤な嘘なんです。

 

噂のせいなのか確かに白髪の方でハゲてる方って
少ないように感じる部分もありますが、
論理的に考えてみると少しおかしいんですね。

 

今日はこの噂がなぜウソなのかについて、
皆様に解説していこうと思います。

そもそもなぜ髪の毛が白くなるのか?

 

 

根本から覆しますが、髪の毛は元々は白いんです!

 

髪の毛は髪の毛の元と言われる毛母細胞が分裂することで、
生えてくるのですが、
この時メラノサイトという色素細胞も一緒に活動しており、
その効果で髪の毛に色がついていきます。

 

なので生成されたばかりの髪の毛は実は真っ白なんです。

 

白髪はメラノサイトの働きが弱くなることによって、
着色されずに白いままで髪の毛が生えてくることによって生まれるのです。

 

ストレスは白髪の大敵なのか?

 

 

【ショッキングな事があって一晩で髪の毛が真っ白になってしまった】

みたいな話って聞いたことないですか?

 

これほど極端ではないですが、
ストレスと白髪は結構深い関係性があります。

 

なぜストレスを感じると白髪が増えてしまうかというと、
自律神経が乱れ血流が悪くなるからです。

 

結果、そうなることによって、
毛根に必要な栄養が行き渡らなくなります。

 

その他にもストレスが溜まってしまうと、
体内に活性酸素が増えてしまい、
老化を促進する原因になってしまいます。

 

その他、ストレスは睡眠障害など生活習慣に
悪影響を与えることにも繋がり兼ねないので、
健康な髪の毛を生成する点においてかなりデメリットになります。

不摂生をしていると白髪が増える?

 

 

不摂生は黒髪の大敵です。

 

白髪とストレスについてもそうですが、
食生活の乱れや運動不足が続くと血液の流れが阻害されます。

 

そうなるとメラノサイトの活動が低下してしまうので、
白髪が増えてしまいます。

 

特に最近若い方に白髪が増えてきているのは、
これらの生活習慣が問題だと言われています。

 

無理なダイエットや逆に肥満や運動不足など、
これらが当てはまる方は若くても白髪が増えてくる可能性が十分にあります。

 

私も少し太ってきているので気を付けねば・・・(汗)

 

白髪の多い方は逆にハゲやすいのでは?

 

 

もう勘付かれている方もいらっしゃるかと思いますが、実はそうなんです。

 

白髪の原因とハゲや薄毛の原因って一致しているんです。

 

不摂生やストレスなど、
白髪になる原因はハゲや薄毛の原因としても当てはまります。

 

白髪の方の方が実はハゲやすいんです。

 

ですが、ここで一つ大きな疑問が浮かび上がりますよね。

 

なぜ、白髪の方の方がハゲにくいと言われているのか?

 

これは完全にイメージが先行してしまった結果だと思います。

 

白髪の方というのは基本的にご高齢の方が多いです。

 

ご高齢の方で髪の毛が多いということは、
この人は健康な髪の毛を維持し続けているということになります。

 

そして、ご高齢の方は大体白髪なので、
ご高齢で髪の毛の多い方というのは大体白髪ということになります。

 

だから白髪の方はハゲにくいという迷信が広がったんだと思います。

 

そして、白髪の高齢の方というのは、
基本的に老化によって白髪になった方です。

 

こういった方々は若い時も髪の毛は黒々しく、
生涯ハゲない定めにある方です。

 

応援クリックお願い致します♪


育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ ハゲ・若ハゲへ
にほんブログ村

 

※下記のアイコンからSNSへジャンプ可能です♪

宜しければ拡散も宜しくお願い致します!